2018年2月15日に投稿した記事になります。

そもそも家庭用ポータブル電源を使うべきじゃない

まずそもそもバッテリー駆動するモノブロックストロボを買えよ、という話なのですがそれはスルーしてもらえるとありがたいです。

30000回のフル発光が可能?

外部バッテリーとしてはvagabond mini(生産終了)などがありますが、確かこれの容量が2000mAhで大体300Wのモノブロックで500回のフル発光。
電力については詳しくないので間違っていたらすいませんが、power houseは120,600mAhあるので30,000回のフル発光が可能です。
※計算が雑な可能性が高いので参考程度にしてもらえると幸いです

ただどのサイトを見てもpower houseでモノブロックストロボ動かしたとか書いてないんですよね、みんな当たり前ですけどバッテリー駆動のストロボ別に買ってるんでしょう。

で今回試してみました


使ってみると普通に動いた

【結論普通に動きました

モノブロックストロボの構造は詳しくは理解してないのですが
電力自体をコンデンサーにためて一気に発光させているだけなので
power house自体の出力が常時300wの供給が出来なくても言い訳なんですよ。
※間違ってたらごめんなさい。

しかもこれもっていけば作業の合間に色んな機材の充電もできちゃいますし
撮影で使えるワット数のスモークマシンやバブルマシーン、定常光なども外で利用になりますからね
一石二鳥です。

そんな訳で人柱のご報告でした。


追記:コンセント拡張して試してみました。

300W×2灯だと動作せず
160Wモノブロック×2灯動、光量調整して2灯発光は可能
300Wモノブロックフル発光+定常光LEDパワー調整後なら稼働

と言う感じです。ちなみに正規の使い方でないのでどちらかの機械の寿命に影響するかもしれません、あしからず。