2017年12月12日に投稿した記事になります。

X100FでGODOX、X1Tを使うと不具合発生?

​X1Tは各カメラメーカー用にGODOXがラインナップしているので購入する際は気をつけましょう
下記はGodox X1TのAmazon一覧リンクになりますので持っていないかたはまずこちらで購入しましょう

Godox X1T 一覧 購入はこちら

さてこのGodox X1T-F 送信機ですがAmazonの説明文を見るとなかなか魅力的に思えます。

  • GODOX最初のTTLワイヤレスフラッシュトリガートランスミッタX1T-Fは、フジシリーズのカメラに適しています。 2.4G無線伝送、32チャンネル、最大。フラッシュ同調速度は1 / 8000Sまでです
  • 2.4GHz 無線を使用したワイヤレス撮影には、送信エリアを拡げ、 障害物の影響も受けにくい大きなメリットがあります。 太陽光下での日中シンクロ撮影などに威力を発揮します。
  • 送信機は、カメラのフラッシュ、スタジオフラッシュとカメラのシャッターをトリガするために1つ以上の受信機で使用することができます。
  • 多重チャンネル・トリガ、安定した信号伝送と敏感な反応を特徴として、それはカメラマンに他に類のない柔軟性と彼らのストロブ主義者セットアップの制御をします。
  • 大きくて明確なLCDパネルは、便利な操作を提供しています。USBファームウェアのアップグレードをサポートします。このような同期遅延の設定、ワイヤレスシャッター、ズーム設定、カスタム機能などの多機能を搭載します。

おお、なかなか良い機能満載だ!と思って実際にFUJIのX100Fに接続して使ってみると、1/60以上のシャッタースピードにすると全然同調しない・・・

俗にいうこんな感じの状態

本当はこう写らなきゃいけないのに・・・

blank

設定画面とかいじっても全然解決しないし、富士のコールセンターに電話して優しく対応してもらったけど、センターの人も原因わからず(そりゃ自社製品じゃないからしょうがないし、サードパーティーの使ってる人は自分で解決しろって話だけど)

ファームウェアをアップデートすれば正常動作します

結局は出荷時ののFirmwareはversion02で現在はversion03が最新
自分の持っているX100Fもそうだったし、おそらく最近出たXシリーズも
version03にしないと対応しないんじゃないかな?

ちなみにGODOXのFirmwareUpdateは専用のツールを使って行う感じです
専用ツールは下記からダウンロードをして下さい。
G2基本ツール

blank

※ちなみに日本の公式代理店kenkoのウェブサイト上ではG1の基本ツールをダウンロードするように記載されていますが、富士フィルムのUpdateはG2のツールでしか行なえませんので気をつけましょう。

Firmwareは下の部分にある
blank
これであとはG2ツールをインストールし、G2を起動。

Select File”をクリックして 解凍したファームアップデータのフォルダ内にある.friファイルを選択します。

次はGodox X1T-F 送信機 をPCにつなげるのですが、繋げる前に一度放電をしておきましょう
電源をOFFにしてテストボタンを一回押すと放電完了です。

あとはUpgradebuttonを押せば完了です。
ちなみに現在のFirmwareのversionを表示する場合は本体側だけで確認できるのですが
デバイスの電源をOFFにしてMODEボタンを押しながらデバイスの電源をONにします。こうするとFirmwareのバージョンが表示されます。

どうでしたか?うまくいきましたか?
もしうまくいかない人などいましたら、お気軽にコメント欄からどうぞ。

 

タグ: , , ,