お客様から寄せられる質問などを一部抜粋してあります


撮影したデータはどのようにもらえるのでしょう?

撮影したデータはjpgと言う拡張子で長辺5000pxにし、当社指定のクラウドスペースにアップロード致します。お客様にダウンロード出来るURLをお送りいたしますのでそこからご確認下さい。

またご希望されるお客様にはCDRにてデータを納品させて頂く事も可能です。

RAWデータが欲しいのですが頂く事は可能でしょうか?

RAWデータのお渡しは可能となりますが、別途料金となっております。
費用に関しては撮影内容によって変わりますので詳しくはお問い合わせ下さい。

動画を編集した際のprprojは頂けますか?

こちらご提供はしておりません。

外で撮影予定の場合、雨だった場合はどのようにするのでしょうか?

ロケ地での撮影の場合は予め撮影予定日を決めるのですが候補日を2つお選び頂きます。

例えば1月1日と、1月2日と撮影日を決めていた場合は1月1日朝の段階で雨がふっていなければ撮影となります
朝の段階で雨が降っている場合は1月2日に撮影日をずらします
1月2日の撮影の際に朝から雨が降っている場合でも撮影は続行となります。

尚、撮影途中に雨が降った場合でも撮影は続行となりますのでご注意下さい。

撮影エリアに関してエリア外なのですが、撮影は可能ですか?

撮影可能です
栃木・茨木・群馬・千葉・埼玉・東京・神奈川の場合は実費でかかった交通費をご請求させて頂きます
それ以外の地域の場合は移動にかかる時間を計算し交通費としてご請求させて頂きます。

詳しくはお気軽にお問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

レタッチに関してもう少し修正をお願いしたいのですが

当社の規定範囲外のレタッチ処理に関しては別途有料となっております。

規定のレタッチ範囲に関しては

  1. 人物の場合の作業は、ホワイトバランスの調整、トリミング、露出の調整、肌のシミ・そばかし・ニキビ・出来物の補正・レタッチとなり、瞳の大きさ、輪郭の調整、その他顔のパーツ、四肢、胴体のパーツの調整は別途料金となります。
  2. 建物の場合の作業は、ホワイトバランスの調整、露出の調整、パースの調整、トリミング、極小の不要物の除去の補正・レタッチとなり、極小でない不要物の除去や合成などの調整は別途料金となります。
  3. ブツ撮りの場合の作業は、ホワイトバランスの調整、露出の調整、パースの調整、トリミング、極小の不要物の除去、料理の場合はシズル感の追加が補正・レタッチとなり、それ以外の調整は別途料金となります。

となっております。

それ以外のレタッチは有料となりますが、あとからのご依頼も可能となっておりますので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

撮影カット数が少ないと思うのですが何故ですか?

実際に撮影するデータは内容によって違うのですが
例えば40カットお渡しする撮影(人物撮り)では実際の撮影では200カット前後撮影する事が多いです。
※お客様がご希望であれば全カットお渡しも可能です

というのが、表情や仕草が瞬間的に変わることが多い為
同じ場所で、ポーズをしていてもらっていても1枚1枚表情が違う為、同じ場所で多くのシャッターを切ります
そしてその中でもベストの1枚を選択し写真の調整を行います。

※尚、数百枚のデータをお渡しするスタジオはこの選択作業をしないのと
写真の調整が当スタジオよりも短時間で行っている為、写真のクオリティ自体が低い場合があります。

物撮りでも撮影内容によって料金が違うのは何故ですか?

撮影する物・内容によって撮影にかかる工数・準備時間が大きく変わってしまう為、費用に違いがあります。
どの内容で撮影するのがベストかお悩みの場合、お問い合わせ頂ければどういった撮影がベストなのかをお客様の状況に合わせご提案させて頂きます。

ロケ撮影プランで撮る対象によって料金が違うのは何故ですか?

撮影する人数・目的によって撮影にかかる工数・準備時間が大きく変わってしまう為、費用に違いがあります。
どの内容で撮影するのがベストかお悩みの場合、お問い合わせ頂ければどういった撮影がベストなのかをお客様の状況に合わせご提案させて頂きます。

ロケ撮影をしたいのですが、場所はどのように決めれば良いですか?

ロケ撮影をする場合、まずロケ地の撮影許可が必要になります。お客様ご自身が管理・所有される建物・敷地の場合はこの許可は必要ありませんが、それ以外の場所は撮影許可が必要になります。

まずはお客様が希望されるロケ場所をお伺いします、撮影許可がおりない場所もありますので
その場合は当スタジオからロケ地の候補をご提案させていただきます。

尚、ロケ地が遠方の場合に関しては撮影料金以外に別途交通費が発生致します。

会社の外観をドローンで撮影したいのですがどのようにすれば良いでしょうか?

建物の上空から撮影をする場合、まず国土交通省にフライト許可を撮る必要があります。

撮影するイメージから当日のフライト(飛行ルート)を作成し、国土交通省へ書類を提出する必要がありますので
まずはお問い合わせ頂き、希望する撮影内容をお聞かせ下さい。

撮影内容・時間帯などによっては撮影にアシスタントが必要な場合も御座います。

ウェブサイト用撮影一式プランはどのような撮影なのでしょうか?

ウェブサイトのサイトマップ・ワイヤーフレームに合わせた撮影を行います。

一般的なウェブサイト作成の場合以下のような工程で作成を勧めていきます。

  1. サイトマップ作成
  2. ワイヤーフレーム作成
  3. トップページのデザイン作成
  4. Photoshop・或いはコーディングベースで下層ページのデザイン
  5. CMSやHTMLでの本構築
  6. 写真の当て込み。
  7. 文章の当て込み
  8. 確認
  9. 公開

となりますが、本来ワイヤーフレームが出来上がった段階、或いはサイトのトップページのデザインが確定している段階で
写真素材が確定している方が、ライターが考える文章、ウェブデザイナーによるjavaやCSSによるエフェクトも決めやすくなるので、デザイナーやライターにとって良い影響が考えられます。

もちろんワイヤーに合わせて写真を横構図・縦構図で予め撮影するので、素材サイトから購入した時のようなトリミング作業なども不要となりますし、自社のテーマ・社風を強く打ち出す事が可能となります。

また動画撮影を行うことにより各種ページのメインビジュアル、header部分に設置するスライドショーを動画にすることにより、見栄えの良いサイト構成になります。

もちろん最終完成に近い状態からの撮影も可能となります。

会社パンフレットや各種紙媒体向けの撮影は他の撮影とどのように違うのでしょうか?

通常の撮影データは当社では長辺5000pxまででしかお出しをしていないのですが、こちらの撮影に関しましては印刷する紙面・媒体のサイズに合わせ、最大で2億画素まで人工知能処理によって画像を拡大し納品させて頂いております。

※動画撮影などはウェブサイト一式の方のみとなっております。

お店の撮影をしてほしいのですが年中無休でやっており、どのようにすればいいですか?

飲食店などの場合、お客様がいる時間帯の撮影は基本的に行っていないのですがお客様が大丈夫ということであれば撮影は可能です。

ただし写真の精度をあげるためにはしっかりと時間をとって頂いて、料理などもきちんとお皿にもりつけた状態でないとキレイな写真は撮れませんので営業終了後、或いは店舗休日などにして頂いたほうが良い写真を納品出来るのでそのようにお勧めさせて頂いております。

ウエディングの前撮りは何を準備すればよいですか?

ドレスやお化粧などは当スタジオでは用意しておりませんので、提携のウエディング衣装のお店をご紹介し、そこでレンタルし、メイクなどを行って頂く形となります。

尚、お客様ご自身でご用意される場合は撮影場所での撮影許可のみ必要となりますので
こちらは当スタジオにて撮影許可をお取り致します。

成人式の撮影は何を準備すれば良いですか?

成人式の撮影の場合も前撮りと同じ用にお客様で準備が無い場合は当スタジオが提携先をご紹介致します。

お客様でご用意が完了している場合は撮影場所の撮影許可のみ必要になりますが
こちらの撮影許可は当スタジオにてお取り致します。

七五三の撮影の時は何を準備すれば良いですか?

衣装のご用意が無い場合は、当スタジオにて提携先の衣装屋にて衣装のレンタルを行っていただきます。

衣装のご用意がある場合は、撮影場所の撮影許可を頂き撮影となります
尚、撮影許可は当スタジオにて申請を致します。

入学・卒業の撮影は何を準備すれば良いですか?

特にご用意頂く事はありません
撮影許可のみ学校やその他教育施設にて撮影を行う場合お客様ご自身でお取り下さい。

それ以外の場所で撮影する場合は特にご不要となります。

新生児フォトを撮る上での注意点などはありますか?

新生児の場合、睡眠時と起きている時のサイクルが早い為
当スタジオでは撮影時間を予定カット数を撮り終えている場合でも、3時間までは現地で待機し
睡眠時と起きている時の2パターンを撮影するようにしております。

その為、室外などでの撮影はお子様に負担をかける可能性が高く
※雨など降った場合に対応が困難になる
撮影場所は基本的にお客様のご自宅となります。

ご自宅での撮影となる為、お住まいの整理整頓だけは事前に出来る限りして頂ければ幸いです
撮影した写真に不要な物などが写り込んでしまう為です。

新生児では無い赤ちゃんの撮影の注意点はありますか?

基本的には新生児フォトを撮る注意点と同じになりますが
赤ちゃんの撮影に関しては新生児よりは体力がある為、外での撮影も可能となりますが
基本的にお客様の方で特別な理由がない場合室内の撮影をおすすめさせて頂きます。

条件付き無料撮影はどのような方が対象になるのですか?

無料撮影に関しては母子・父子家庭による年収250万円以下のお子様がいる世帯、或いは生活保護世帯、或いは施設に預けられているお子様、孤児院などの施設、その他親が不在の12歳以下のお子様を対象としております。

但し、実際にかかった実費の交通費などはかかりますのでご注意下さい。